制御盤 海外規格 「医薬品関連製品の生産設備の開発・製造メーカー・S社様(UL508A / NFPA79 規格対応)」の納入実績をご紹介。

導入実績 Works

制御盤 海外規格 「医薬品関連製品の生産設備の開発・製造メーカー・S社様(UL508A / NFPA79 規格対応)」

クライアント
(業界)
医薬品関連製品の生産設備の開発・製造メーカー・S社様
発注内容 UL508A / NFPA79 規格対応

ULラベル

この案件のお客様は、在米日系企業のユーザーに対してJIS規格の装置を納入されていた、医薬品容器の製造装置メーカー・S社様。本来、アメリカで稼働する機械装置はNFPA79(*1)への適合が必要です。

また、機械装置に稼働にあたり規定執行官(AHJ)の確認検査を要請することが求められています。しかし、これまでユーザーの日系企業から規格対応を求められることはなかったそうです。

日本の工場での生産設備稼働に際しては外部の検査官の検査の依頼を必要としませんが、米国は必要とします。検査の依頼をしない状況ではAHJは工場に来ることはありません。

このように、法令が非常に強い意味を持つ米国で、日本での慣例通りの動きをしていたがゆえに、法規・規格対応がおろそかになっていたといえます。

 

*1 NFPA79(National Fire Protection Association):全米防火協会が定める産業機械用電気安全規格

 

ところが、ユーザーの工場建屋のエレベーターで火災が発生したことから、工場に対してOSHA(米国労働安全衛生局 *2)の査察が入ることに。エレベーターのみの査察ではなく、周辺にあった生産設備も査察を受けました。その際、法律・規格対応の意識が薄かったことが露見し、S社様の装置がNFPA79に適合していないことに指摘が入り、生産の停止と制御盤の再設計・製作の指導を受けました。

法規・規格への対応がスムーズにいかず幾度となる改造を繰り返したと聞いています。結果、スムーズな解決ができない企業としてOSHAに判断され、不正をする恐れがあるという観点からNRTL(米国国家認証試験機関 *3)の認証を絶対的に受けるよう指導を受けてしまいます。このNRTLの認証の対応をユーザーから求められたS社様が、三笠製作所にお問い合わせを下さいました。

 

*2 OSHA(Occupational Safety & Health Administration):米国労働安全衛生局。米国労働省の組織下にあり、労働安全健康法の元に設立された政府機関

 

*3 NRTL(National Recognized Testing Laboratories):米国国家認証試験機関。OSHAより認定を受け、連邦規格に基づいて様々な製品の安全試験・認証を行うことを認められた民間機関の総称

 

当初のご相談は、制御盤のUL規格(*4)対応でした。UL508A(*5)認証制御盤メーカーである三笠製作所は、同規格に基づく設計変更、制御盤製作、UL508A Listedラベルを貼る最終段階まで行えます。実はUL508Aの認証ラベルは認証機関は日本国内で貼ることはできません。

また、装置全体での海外規格の対応のための技術サポートも可能です。

今回の案件においても、制御盤を含んだ装置全体の規格対応を三笠製作所が担当することになり、弊社の技術コンサルがANSI/NFPA79に基づくリスクアセスメントの手法の指導やドキュメントの作成方法の指導・チェックなどを実施しました。

 

*4 UL規格:アメリカ保険業者安全試験所(Underwriters Laboratories Inc.:UL)が定める製品安全規格。材料や部品、製品に至るまでの機能や安全性に関する標準化を目的としている

 

*5 UL508A:ULのうち、産業用制御盤に対する規格。板厚や配線による空間距離などの構造的要求や、部品及びコンポーネントの使用条件を規定している

 

制御盤は問題なくUL508A認証を行い、認証ラベルを貼付しました。

制御盤完成後の評価・試験においては、装置を米国の向上に設置後、OSHAやAHJから指摘を受けて生産ラインの停止に追い込まれるようなリスクを避けるためにも、NRTLのなかでも力のある第三者認証機関に依頼することを提案。弊社は様々な米国国家認証試験機関との業務を行っているため、こうしたケースバイケースの手配が可能です。実際に今回の案件では、納入後の再指導を避けることができました。

 

納期は、装置の設計・開発段階から三笠製作所が入ることで、設計指導、ANSI/NFPA79の技術コンサルも含め、輸出までに約5ヶ月という短期間で完了したため、S社様にはとても喜ばれました。これは海外の産業用機械装置の規格を業界で唯一熟知しているからこそ行えるものです。装置全体での規格対応コンサルティングからUL508A認証制御盤の設計・製作まで行える、三笠製作所だからできるスピード感です。