制御盤 海外規格 「産業用機械装置メーカー・T社様(NFPA79 / UL508A規格対応)」|制御盤の設計製造、海外規格なら制御盤.com

制御盤 海外規格 「産業用機械装置メーカー・T社様(NFPA79 / UL508A規格対応)」の納入実績をご紹介。

制御盤.com by三笠製作所

制御盤 海外規格 「産業用機械装置メーカー・T社様(NFPA79 / UL508A規格対応)」

クライアント(業界) 産業用機械装置メーカー・T社様
発注内容 NFPA79 / UL508A規格対応

 ULラベル

今回は、産業用機械装置メーカー・T社様からご依頼いただいた、大型の摩耗試験機の制御盤のUL508A認証です。アメリカの現地自動車関連メーカーへ輸出されるにあたり、設計コンサルティングから、製造、UL508A認証ラベルを貼る最終段階まで、三笠製作所が手掛けました。

 

*1 UL508A:アメリカ保険業者安全試験所(Underwriters Laboratories Inc.:UL)が定める製品安全規格ULのうち、産業用制御盤に対する規格

 

T社様がタイヤ摩耗試験機をアメリカへ輸出されるのは、今回で数度目とのこと。しかし、これまで取引先は日系企業だったため、規格対応を要求されることがありませんでした。一方で、今回の取引先である自動車関連メーカーは制御盤に対し、NFPA79とUL508A対応を取引条件として提示。T社様は初めて北米規格対応を迫られたのでした。

 

アメリカで機械装置を稼働するにあたっては本来、規定執行官(AHJ)(*2)による据付検査を受けなければなりません。その際、制御盤にUL508A認証ラベルが貼付されていれば、検査のチェック項目が大幅に少なくなります。ただし、今回のエンドユーザーの所在地がある市は、AHJによるUL508A認証ラベルの添付が「強制」となっている自治体でした。

 

*2 AHJ(Authorities Having Jurisdiction ):Authority Having Jurisdiction:米国では規定執行官が管轄するエリア(群・市・州レベル)で設備の設置方法、使用方法を決定する権限を規定執行官が有しています。火災・損害保険業の企業の担当者、消防署の担当者、場合によっては認証機関が担当をする場合もあれば、組織ではなくその役割を与えられた個人の場合もあります。

 

初めてNFPA79(*3)及びUL508Aの規格対応を行うT社様に対して、三笠製作所はきめ細かくサポート。設計変更箇所の解説や、部品選定のアドバイス、建屋-装置-制御盤の配線に関する指導など、規格対応に関する広範囲なコンサルティングを行いました。装置としては比較的シンプルだったため、設計変更もスムーズに進行。T社様からは、安心して任せられたと同時に、輸出に際して必要な情報を得られてクリアになったと喜ばれました。

 

*3 NFPA79(National Fire Protection Association):全米防火協会が定める産業機械用電気安全規格

 

アメリカには州法や市法があり、同じ法規でも自治体により採用している年度が異なります。つまりその土地ごとの事情が存在します。NFPA79を取っても、2015年度版を参照している州、2011年度版を参照している州、あるいは州としては参照せず市・群などの自治体ごとに要求している州など様々です。

日本は罰則の無いJIS規格を努力義務で守るレベルであるため、日本人には自治体による違いはなじみが薄く感じます。このようなローカルな事情を知らないために、必要な規格対応をしなかったり、満足ではない規格対応になってしまいがちです。それは結果として、規定執行官(AHJ)からの指摘、場合によっては労働安全衛生庁(OSHA)からの指示につながります。

UL508A認証制御盤メーカーである三笠製作所は、こうしたアメリカの事情にも精通しており、エンドユーザーの位置する州や市に対応した設計・製作が可能です。


ページの先頭へ