制御盤の海外規格、制御盤設計なら「制御盤.com」。業界No.1の情報提供&見積もりサイト。

制御盤小型化 Miniaturization

制御盤を小型化することにより、設備の省スペース化・コストダウンに繋がります。
小型化することによる、代表的な4つのメリットをご紹介。

制御盤小型化による4つのメリット

メリット 01 設備の省スペース化が図れる

日本国内では、工場や現場のスペースが海外に比べ狭い傾向にあります。
土地を有効活用し, 設備の省スペース化を図ることは 作業効率の面においてもコストダウン につながります。

メリット 02 設備の軽量化が図れる

制御盤を小型化することにより、重量の軽量化 につながります。
その結果、設備全体の重量も軽減される為, 輸送コスト・工数の低減 につながります。

メリット 03 使用する資材の節約

制御盤全体を小型化することにより, 使用される電線や電気資材の使用量を低減 することができます。
制御盤ボックスや塗装のコストダウン にもつながります。

メリット 04 使用する資材の節約

制御盤を小型化することにより、工場内の視認性が上がり、工場環境の改善へとつながります。
そうすることにより、工場内の空気の流れを阻害する要因が減少し、作業効率アップ につながります。

既存の制御盤と小型化した制御盤の差

三笠精機にて制御盤を40%ダウンサイジングした所、これだけのコストの差が生まれました。

重量比 30%削減
容積比 40%削減
床面積比 25%削減
使用電線比 10%削減
放熱比 10%削減
高さ比 15%削減
幅比 25%削減
トータルコスト比 18%削減