盤内の製造ポイント|制御盤の設計製造、海外規格なら制御盤.com

制御盤のことならなんでもわかる!制御盤大辞典。

制御盤.com by三笠製作所

盤内の製造ポイント

工場で使用される設備は 200/220Vという高電圧を使用しているため、
盤内の構造もそれに適したものである必要があります。

高電圧に対応する盤内構造のポイントは・・・

Before
トランスやブレーカなど、電源系を下方に配置し、PLCなど制御系を上方に配置する
構造だと、盤内で発生した熱が上方の制御系に悪影響を与えてしまいます。
結果、誤作動や設備故障を発生させる要因となります。

スクリーンショット 2020-01-07 10.41.47After
メンテナンス時の作業性を向上させるためには、
隣接するマグネット同士の配線はあえてダクト外に出しておくことも必要となります。
これにより、マグネット交換時の作業時間が大幅に短縮できます。 

スクリーンショット 2020-01-07 10.41.57ポイント1
熱影響を考慮した構造となっていること


ページの先頭へ

logo

株式会社 三笠製作所

本社ショールーム
〒480-0104
愛知県丹羽郡扶桑町大字斎藤字宮添166番

品川オフィス
〒141-0033
東京都品川区西品川一丁目1番1号 住友不動産大崎ガーデンタワー 9階 トンネル東京

犬山工場
〒484-0081
愛知県犬山市大字犬山字南笠屋8-3