制御盤 海外規格 「空圧粉体搬送装置メーカー・D社様(CEマーキング規格対応)」|制御盤の設計製造、海外規格なら制御盤.com

制御盤 海外規格 「空圧粉体搬送装置メーカー・D社様(CEマーキング規格対応)」の納入実績をご紹介。

制御盤.com by三笠製作所

制御盤 海外規格 「空圧粉体搬送装置メーカー・D社様(CEマーキング規格対応)」

クライアント(業界) 空圧粉体搬送装置メーカー・D社様
発注内容 CEマーキング規格対応

CE_Marking_1

三笠製作所の開催する制御盤海外規格無料技術セミナーと、季刊誌「せいぎょばんカフェ通信」で三笠製作所をご存知だったという、空圧粉体搬送装置メーカー・D社様。ベルギーの日系エンドユーザーに装置を納入されるにあたり、CE(*1)マーキング対応をご相談いただきました。

 

*1 CE(European Conformity):EU圏で流通する製品が満たさなければならない欧州規則・指令(法律)。製品の規格対応を適切に行い、その証拠となる書類を揃えて“自己宣言”することで初めて表示が可能となる

 

 三笠製作所では、制御盤を含めた装置全体のCEマーキング対応を数多くお手伝させていただいています。ただ今回のD社様は、装置全体のCE自己宣言を自社でされるということで、三笠製作所は制御盤14機種を対象としたCEマーキング自己宣言対応を行うことになりました。

 

 制御盤のみとはいえ、装置が14機種にも渡ると、案件のボリュームとしては大きなもの。コンサルと制御盤メーカーを別々に発注するような従来型のやり方をとる場合、1年以上かかることも予想される規模感でした。ですが、三笠製作所ならワンストップで自己宣言まで行えるため、スピーディーな対応が可能です。今回のケースでは半年でプロジェクトを完了することができました。

 

 CEマーキングの表示には、しっかりと指令を満たした装置製作を行いつつ、技術文書とそれに基づいた適合宣言書の作成も必須です。そして、書類の内容を十分なものにするためには、機械と電気の両面における徹底したリスクアセスメントを行う必要があります。

 

 今回の場合、まずは弊社エンジニアが図面の朱書きを中心とした設計コンサルティングを行うのと平行し、弊社セーフティアドバイザーがリスクアセスメントを実施。制御部品一つひとつの規格認証情報をバージョンまで調べた証明書の入手と構成リストを作成したうえで、通知すべき残留リスクを網羅した技術文書をまとめました。そして制御盤が完成すると、第三者認証機関によるEMC指令(*2)試験を弊社エンジニア立ち会いのもと実施。基本的に自社で全工程を完結させつつ、社会的公正さも押さえた形で、スピーディーに適合宣言書の完成に至りました。

 

*2 EMC(Electromagnetic Compatibility)指令:電磁両立性指令。電磁波干渉による危険や装置障害のリスクがあるすべての電子・電気機器に適用される

 

 ひとつの窓口でCE規格対応を行えれば、プロジェクトの確実性が高まるのはもちろん、短納期・低コストにもつながります。今回は、制御盤製作はもちろん、技術文書と適合宣言書の作成に向けたエビデンス構築、認証試験、そして自己宣言までワンストップで行える三笠製作所の強みが発揮されたケースになりました。


ページの先頭へ