S社様(2) ガス施設の温調設備を格納する、屋外用筐体|制御盤の設計製造、海外規格なら制御盤.com

S社様(2) ガス施設の温調設備を格納する、屋外用筐体の納入実績をご紹介。

制御盤.com by三笠製作所

S社様(2) ガス施設の温調設備を格納する、屋外用筐体

S社様(2) ガス施設の温調設備を格納する、屋外用筐体

製作に要した期間 図面受領後 12日

POINT1

部はステンレス製の屋外で使用する筐体です。

上部はステンレスで、下は鉄です。百葉箱みたいな製品です。

 

POINT2

筐体の両サイドにある、ルーパーのベンチレーターは、型で抜くより、既製品のステンレス製のルーパーを取り付けたほうがコストダウン出来ます。

箱の内部が熱くならないように、両側に空気の通り道をつくりました。

 

POINT3

屋外で使用する為に、一枚板のステンレス材料の取り方から熟考し、継ぎ目が極力少なくなり、雨漏りを許さない雨じまいになっています。

外で使う箱なので、雨や風に負けないように、つなぎ目の少ない箱に仕上げました。

 

POINT4

内部には温調設備が格納できる各種ブラケット等がバランスよく設置されています。

温度管理用の箱なので、中にはたくさんの温度計みたいなモノが取り付きます。配置をうまく考えて、取り付けが簡単に出来るように工夫しましたよ。

 

POINT5

また、内張には断熱材が敷き詰められております。が、断熱材の断面や継ぎ目の養生には、熱練の技術と専門性のある道具と材料選定が必要です。

箱の内側にはたくさんの断熱材を隙間無くはるので、専門の道具と技術が必要です。ガラスの入った素材なので、半袖で作業すると肌がチクチクするので、長袖作業が必要です。

 

POINT6

ステンレス製の筐体を支える架台は鉄素材で仕上げ、コストダウンをしております。

上部がステンレスなので、下部は値段を下げる為に鉄を使いました。 見た目では分からないように仕上げるのも得意なんです。


ページの先頭へ

logo

株式会社 三笠製作所

本社ショールーム
〒480-0104
愛知県丹羽郡扶桑町大字斎藤字宮添166番

品川オフィス
〒141-0033
東京都品川区西品川一丁目1番1号 住友不動産大崎ガーデンタワー 9階 トンネル東京

犬山工場
〒484-0081
愛知県犬山市大字犬山字南笠屋8-3