アース工事のポイント|制御盤の設計製造、海外規格なら制御盤.com

制御盤のことならなんでもわかる!制御盤大辞典。

制御盤.com by三笠製作所

アース工事のポイント

工事段階でのアース(接地)においても注意が必要です。
工事においては、200Vという高圧電源を使用します。

万一の漏電に備えるアースのポイントは・・・

Before

動力線の配線工事においては、ケーブルの保護材として鋼管を使用します。鋼管を鋼
管のつなぎ目でアースをとっていないと、鋼管内で万一漏電が発生した場合、重大事
故につながる恐れがあります。

After

鋼管のつなぎ目にはラジアスクランプを使用した上で、確実にアースをとることで
電気の逃げ道をつくってやることが必要です。
万一の漏電に備えて確実なアース施工をすることで、感電などの事故を防ぐこと
ができます。

ポイント14
確実なアース(接地)工事を行うこと


ページの先頭へ