配線取り回しのポイント|制御盤の設計製造、海外規格なら制御盤.com

制御盤のことならなんでもわかる!制御盤大辞典。

制御盤.com by三笠製作所

配線取り回しのポイント

機械への配線施工時には、限られたスペースでの取り付け、
かつ電線にストレスをかけない配線施工が必要となります。

そのポイントは・・・

Before
機械設備における配線施工時には、カバーとの干渉などにより、
限られたスペースでの配線取りまわしが求められます。
ただし配線時のコーナーRが小さいと、電線にストレスが生じ、発熱の発生などの要因となります。

After
配線時のコーナーRは電線径の6倍以上とすることが電線にストレスを生じさせないためのポイントです。
そのため、センサー類の取り付け時には配線が極力ストレート
又は大きなRとなるよう、取り付け位置・方向に配慮が必要です。
また、必要に応じてエルボなども使用して、
電線にストレスをかけずに省スペースでの配線取りまわしを行なうことが必要です。

ポイント10

電線にストレスをかけない配線になっていること


ページの先頭へ

logo

株式会社 三笠製作所

本社ショールーム
〒480-0104
愛知県丹羽郡扶桑町大字斎藤字宮添166番

品川オフィス
〒141-0033
東京都品川区西品川一丁目1番1号 住友不動産大崎ガーデンタワー 9階 トンネル東京

犬山工場
〒484-0081
愛知県犬山市大字犬山字南笠屋8-3