直流・交流ケーブルの配線|制御盤の設計製造、海外規格なら制御盤.com

制御盤のことならなんでもわかる!制御盤大辞典。

制御盤.com by三笠製作所

直流・交流ケーブルの配線

設備機械の制御盤内では交流配線とそれ以外の配線を分離しなければいけません。

ノイズによる影響を防ぐためのポイントは・・・

Before
直流配線と交流配線を混ぜて配線してしまうと、
交流電源に含まれているノイズの影響により、
誤作動や動作不良など、思わぬ事故や故障の要因となってしまいます。

After
配線ダクトを通す際も、直流配線と交流配線は分離することが必要です。
また、ケーブルを結束する際もそれぞれ分離して結束することが必要です。
このようにすることで、ノイズによる悪影響を防ぐことができます。

ポイント2
ノイズによる悪影響を考慮した構造となっていること


ページの先頭へ

logo

株式会社 三笠製作所

本社ショールーム
品川オフィス
〒141-0033
東京都品川区西品川一丁目1番1号 住友不動産大崎ガーデンタワー 9階 トンネル東京
〒480-0104
愛知県丹羽郡扶桑町大字斎藤字宮添166番

犬山工場
〒484-0081
愛知県犬山市大字犬山字南笠屋8-3