環境規制に対応した半田|制御盤の設計製造、海外規格なら制御盤.com

制御盤のことならなんでもわかる!制御盤大辞典。

制御盤.com by三笠製作所

環境規制に対応した半田

これからの時代は鉛フリー半田への対応が必須となります。
鉛フリー半田を使用した半田付けのポイントは・・・

Before
欧州におけるRoHS指令などの環境規制に対応するために、
鉛フリー半田の使用が必須となります。
しかし、鉛フリー半田の融点は従来の半田と比べて高いため、
従来の半田ゴテでは、鉛フリーに対応する温度を保つことができません。

After

<weller製 PU81 WSP80>

温調式精密半田ゴテです。温度調整は150°C~450°C
鉛フリー対応半田ゴテなので、熱に弱いワークにもダメージを与えず
確実に半田付けを行なうことができます。設定温度は380°Cです。

<SK-01>

温調式精密半田ゴテです。温度調節は230°C~450°C
標準半田使用時の設定温度は、320°C~370°Cですが、鉛フリー半田を使っているので、
設定温度は380°Cです。

<HAKKO FG-100>

コテ先温度計です。温度調整付きの半田ゴテを使用していますが、
コテ先温度計を使用して再度温度確認を行います。

ポイント13
鉛フリー半田、温度調整式半田ゴテを使用すること


ページの先頭へ

logo

株式会社 三笠製作所

本社ショールーム
品川オフィス
〒141-0033
東京都品川区西品川一丁目1番1号 住友不動産大崎ガーデンタワー 9階 トンネル東京
〒480-0104
愛知県丹羽郡扶桑町大字斎藤字宮添166番

犬山工場
〒484-0081
愛知県犬山市大字犬山字南笠屋8-3