制御盤 海外規格 「大型成形装置メーカー・T社様(UL508A 規格対応)」|制御盤の設計製造、海外規格なら制御盤.com

制御盤 海外規格 「大型成形装置メーカー・T社様(UL508A 規格対応)」の納入実績をご紹介。

制御盤.com by三笠製作所

制御盤 海外規格 「大型成形装置メーカー・T社様(UL508A 規格対応)」

クライアント(業界) 大型成形装置メーカー・T社様
発注内容 UL508A 規格対応

ULラベル

 

大型成形装置メーカー・T社様のご案件は、三笠製作所が手がけたプロジェクトのうち、過去最大級のものでした。ご依頼いただいたのは、大規模生産ラインを構成する10以上の成形装置を対象とした、制御盤のUL508A(*1)規格対応。制御盤設計の技術的コンサルティングから、制御盤製造、ULラベルを貼る最終段階までを担当しました。

 

*1 UL508A::アメリカ保険業者安全試験所(Underwriters Laboratories Inc.:UL)が定める製品安全規格のうち、産業用制御盤に対する規格。板厚や配線による空間距離などの構造的要求や、部品及びコンポーネントの使用条件を規定している

 

大規模案件ということもあり、T社様が特に重視されていたのはコスト面でした。UL508A認証制御盤は、一般的にアメリカの制御部品で構成するのが常套です。しかし、アメリカの制御部品は日本製品と比べてコストがかさむのも事実。今回のように大型制御盤を10以上も組むとなれば、まとまった額になってしまうのがネックでした。

 

とはいえ、日本の制御部品のみでの構成にこだわると、より多くの兼ね合いや制限をクリアする必要が生じ、今度は設計費用が高くなります。T社様のご要望を実現するためには、製造費用と設計費用のバランスをどう取るのかがカギでした。

 

そこで、三笠製作所のエンジニアが提案したのは、アメリカの制御部品で制御盤を構成しつつ、設計コンサルティングについては段階を分け、まずは最も大きい代表型式のみを手がけるというアイデアです。ご提案の背景は、納期に余裕があり、かつ型式それぞれが比較的類似の構成だったこと。それならば、まず1台の設計コンサルティングを丁寧に実施することで、水平展開を可能にし、2台目以降の設計費用を抑えられると考えたのです。T社様からもご快諾いただき、この方法でプロジェクトを進めていくことになりました。

 

1台目の設計変更は、もともとの設計図面に対して1から10まで丁寧な朱書きを実施し、やりとりするT社エンジニア様からのご質問にも4回ほど回答しました。そして2台目以降は、あらかじめT社様で設計変更を試みた図面からの朱書きです。1台目でのやりとりを通じてポイントをある程度ご理解いただけていたため、指摘箇所は大幅に減少。最終的な設計コンサルティング費用は、一度に全装置の設計変更を引き受ける場合に比べて、1/3程度に抑えることができました。

 

UL508A認証制御盤メーカーで、かつ一品一様の制御盤設計ができる会社は非常に限られます。今回のような柔軟な対応は、設計と製造を一手に引き受けられる三笠製作所だからこそ可能なものでした。納期に余裕があり、かつ類似機の多いご案件でしたら、こうした方法も非常におすすめです。


ページの先頭へ