制御盤 海外規格 「食品関連装置メーカー・K社様(NFPA79 / UL508A 規格対応)」|制御盤の設計製造、海外規格なら制御盤.com

制御盤 海外規格 「食品関連装置メーカー・K社様(NFPA79 / UL508A 規格対応)」の納入実績をご紹介。

制御盤.com by三笠製作所

制御盤 海外規格 「食品関連装置メーカー・K社様(NFPA79 / UL508A 規格対応)」

制御盤 海外規格  「食品関連装置メーカー・K社様(NFPA79 / UL508A 規格対応)」

クライアント(業界) 食品関連装置メーカー・K社様
発注内容 NFPA79 / UL508A 規格対応

UL508A(*1)認証制御盤メーカーとして、様々な装置メーカー様の北米規格対応を行っている三笠製作所。対応可能な装置ジャンルは幅広く、特殊な安全設計が求められる制御盤も数多く手がけさせていただいています。

 

*1 UL508A:アメリカ保険業者安全試験所(Underwriters Laboratories Inc.:UL)が定める製品安全規格ULのうち、産業用制御盤に対する規格

 

食品関連装置メーカー・K社様のご案件も、特殊なリスク対策が求められるケースでした。加熱撹拌装置をアメリカへ輸出されるにあたり、図面の朱書きを軸にした制御盤設計コンサルティング、制御盤製造、ULの508A認証ラベルを貼る最終段階までご依頼いただいた今回。肝となったのは、食品を扱う装置ならではの安全設計でした。

 

通常の機械装置は、基本的に停止状態が最も安全です。ところが、食品関連装置における「停止」は、温度低下による食品の腐食、装置に食品がこびりつくことによる雑菌の繁殖など、固有のリスクが数多く存在しています。安全停止が、すなわち安全とは限らないのです。また、メンテナンスの頻度が高く、通常のオペレーターが清掃などを行う点も踏まえる必要があります。

 

こうした要素も含めたリスクアセスメントを、今回は三笠製作所のセーフティサブアセッサが徹底的に行い、K社様と相談しながら確実に実装。安全回路こそ少し複雑になりましたが、アメリカ基準でも十分に安全だといえる装置に昇華させることができました。

 

欧州のCE (*2)指令には、ISO及びIECに規定された安全項目をクリアすることが条件付けられています。一方で、北米のNFPA79やUL508Aには、同様の要求がありません。この意味するところは、ISO及びIECは大前提であり、クリアして当たり前だということ。規格対応していない装置で何かしらの事故が起きた場合は、すべて製造者責任であるということです。訴訟大国のアメリカで、これ以上のリスクはないでしょう。

 

*2 CE(European Conformity):EU圏で流通する製品が満たさなければならない欧州規則・指令(法律)。製品の規格対応を適切に行い、その証拠となる書類を揃えて“自己宣言”することで初めて表示が可能となる

 

三笠製作所では、NFPA79 / UL508Aをはじめ、どんな規格対応を手がける場合にも徹底したリスクアセスメントを改めて行い、時には装置のカバーやセンサーなどの増設まで提案させていただいています。大切なのは、盲目的な規格対応をせず、規格の本質を理解しながら、一品一様のリスクを見極めること。三笠製作所は、そのためのサポートを丁寧にさせていただきます。


ページの先頭へ