制御盤 海外規格 「制御盤メーカー・K社様(UL508A 規格対応)」|制御盤の設計製造、海外規格なら制御盤.com

制御盤 海外規格 「制御盤メーカー・K社様(UL508A 規格対応)」の納入実績をご紹介。

制御盤.com by三笠製作所

制御盤 海外規格 「制御盤メーカー・K社様(UL508A 規格対応)」

制御盤 海外規格  「制御盤メーカー・K社様(UL508A 規格対応)」

クライアント(業界) 制御盤メーカー・K社様
発注内容 UL508A 規格対応

今回のご案件は、制御盤メーカー・K社様からご依頼いただいた、製鉄所で稼働する加熱装置制御盤のUL508A(*1)規格対応。コンサルティングから、CADによる製図、製造、ラベルを貼る最終段階までを三笠製作所で担当しました。製鉄関連ということで、装置の規模はかなりのもの。高難易度の設計が必要となる案件でした。

 

*1 UL508A:アメリカ保険業者安全試験所(Underwriters Laboratories Inc.:UL)が定める製品安全規格ULのうち、産業用制御盤に対する規格

 

通常の海外規格対応サービスでは、仕様変更の完了した図面をご用意いただき、そこから弊社で規格対応に基づく朱書きを実施、お客様サイドでCADに反映していただくというフローを取ります。ただ今回の加熱装置は、新規で製造する機種。元図が不完全で変更が広範囲に及ぶため、三笠製作所でCADを一から描くことになりました。

 

設計するなかで最もハードルが高かったのは、大型トランスのある大規模工場であるがゆえの、SCCR(*2)要求値の大きさ。通常の工場では10kA定格程度で良しとされますが、今回は実に65kAという値でした。50kAを超えると、対応できるパーツ構成が極端に少なくなるのです。

 

*2 SCCR(Short Circuit Current Rating):短絡電流定格。制御機器ごとに持っている値で、耐えられる短絡電流の大きさを表す

 

それに加えて、ヒーターの絶縁破壊故障特性から、K社様より「漏電ブレーカーを必ず実装する」という条件も提示されました。しかし、漏電ブレーカーが一般的なのは日本のみであり、65kA定格というSCCR要求値を満たすものがありません。高いSCCR要求値と、漏電ブレーカーの実装――この相反する要素の両立が設計に求められました。

 

そこで三笠製作所が提案したのは、ヒューズをうまく使う方法でした。漏電ブレーカーを含めブレーカーを使う場合、ブレーカーが飛ぶまでのコンマ数秒のあいだ、65kAの大電流が流れてしまいます。そのため、ブレーカー以下に構成する部品に関してもすべて65kAのSCCR要求値をクリアしなくてはなりません。ただし、ブレーカーではなくヒューズを使えば、大電流が流れた瞬間に切れます。そのため、ヒューズ以下に構成する部品は、ヒューズ通過電流以下でも対応可能となるのです。

 

漏電ブレーカーに関しては、ヒューズで短絡対策をクリアしているため、短絡保護の目的ではないものとし、あくまで漏電遮断の機能だけを期待する形で実装しました。こうして、65kAのSCCR要求値に対応し、かつ漏電対策も取れたUL508A認証制御盤が無事に完成。厳しい条件下でもお客様の求める機能を確実に実装する、三笠製作所のアイデアと技術力が発揮されたケースになりました。


ページの先頭へ