制御盤 海外規格 「自動車関連装置メーカー・A社様(NFPA79 / UL508A規格対応)」|制御盤の設計製造、海外規格なら制御盤.com

制御盤 海外規格 「自動車関連装置メーカー・A社様(NFPA79 / UL508A規格対応)」の納入実績をご紹介。

制御盤.com by三笠製作所

制御盤 海外規格 「自動車関連装置メーカー・A社様(NFPA79 / UL508A規格対応)」

クライアント(業界) 自動車関連装置メーカー・A社様
発注内容 NFPA79 / UL508A規格対応

ULラベル

制御盤の設計・製作はもちろん、規格対応に伴うドキュメント作成や、第三者認証機関の手配、据付工事まで、制御盤のトータルソリューションを提供している三笠製作所。その総合力は、最近とくにお問い合わせをいただく技術的コンサルティングサービスの質にも表れています。

 

自動車関連装置メーカー・A社様からご依頼いただいたコンサルティング業務は、まさに三笠製作所の総合力が活かされたケースでした。その内容は、装置をアメリカに納入するという想定で、サンプル図面に対してNFPA79(*1)及びUL508A(*2)に基づいた指摘を徹底的に行い、全指摘の理由・根拠をまとめるというもの。A社様としても、実製作までを見越した総合的な指摘を期待されて、弊社にお声がけされたとのことでした。

 

*1 NFPA79(National Fire Protection Association):全米防火協会が定める産業機械用電気安全規格

 

*2 UL508A:アメリカ保険業者安全試験所(Underwriters Laboratories Inc.:UL)が定める製品安全規格ULのうち、産業用制御盤に対する規格

 

ご依頼に対し、三笠製作所では図面への朱書きを行いつつ、対応した指摘の一覧表を作成していきました。指摘の細かさは、「この点は、UL508Aの○章×項でこう規定されており、かつNFPA79の△章□項ではこのような言及があるため、こう変えなくてはなりません」という具合です。ISOやIECなど別規格も引き合いに出しながら、徹底的な解説を行っていきました。

 

パーツの変更が必要な箇所には、使い勝手の良かったものを中心に、おすすめの製品リストも併記。PLCの回路構成にも変更案を複数掲示しつつ、それぞれの場合で採用可能になるユニット製品を挙げるなど、実用・コストの面からも多くの提案を盛り込んだため、A社様にも大変よろこばれました。

 

また、指摘・提案の一覧表を作り込むなかで、副次的に提供できたベネフィットもありました。ご案件に先立ち、参考資料としてA社様の社内基準書をいただいていましたが、操作盤にインターロックを設ける基準が過剰であったり、分岐端子台の使い方に無駄があるなど、内容に改善すべき点が多く見られたのです。今回は、そうした項目も併せてフィードバックさせていただきました。

 

実情と離れた社内基準書が作られる背景には、規格書のわかりにくさがあると推測できます。規格書は決して万能なマニュアルではありません。言及されている条件どおりのパーツが存在しない、言及どおりにすれば工数的に遠回りになるなど、「解釈」が必要となる部分がままあるのです。その「解釈」をせず機械的に社内基準書を作れば、どこかに歪みが生じてしまうもの。下請けを含んだ製造工程全体で効率アップ・コストダウンを図るために、社内基準書を一から見直すのも非常におすすめです。


ページの先頭へ

logo

株式会社 三笠製作所

本社ショールーム
〒480-0104
愛知県丹羽郡扶桑町大字斎藤字宮添166番

品川オフィス
〒141-0033
東京都品川区西品川一丁目1番1号 住友不動産大崎ガーデンタワー 9階 トンネル東京

犬山工場
〒484-0081
愛知県犬山市大字犬山字南笠屋8-3