実験施設用 お客様の実験施設内で使用される筐体|制御盤の設計製造、海外規格なら制御盤.com

実験施設用 お客様の実験施設内で使用される筐体の納入実績をご紹介。

制御盤.com by三笠製作所

実験施設用 お客様の実験施設内で使用される筐体

実験施設用 お客様の実験施設内で使用される筐体

製作に要した期間 ラフスケッチから製作で12日

POINT1

使用目的は、データ取り等で使用するアンプや計測器やプリンタなど、専門的でかつワンオフのコンポーネンツを収容する、オーダーメイドの筐体です。既製品では存在しない形状や、鉄とアクリルの合わせ技まで対応OKです。不可能を可能にしますよ!

 

POINT2

ご依頼のあったときには、エクセルでラフスケッチが描いてある程度の構想でしたが、弊社設計者がお客様との打ち合わせにより、筐体設計図を書き上げ、承認を頂き、無形で構想だけであったものを、有形な筐体へと製造しました。

箱やキャビネットを注文したいお客様が全てCADをお持ちであるとは限らないので、私たちはお客様の書いたポンチ絵やラフスケッチでも、カタチにするお手伝いをします。

 

POINT3

お客様の拘りにより、キャスターを取り付け、実験施設内を縦横無尽に移動できる工夫を施し、かつ、実験中にはジャッキボルトで固定出来る施工がしてあります。

実験用のユニットを格納する、世界で一台のお客様のオーダーメイド品。実験中はジャキボルトで固定して、実験が終わるとキャスタでー移動して片付けが出来るように、提案設計しましたよ。

 

POINT4

上部には透明のアクリルケースが取り付けられ、視認性を向上しています。

上部には透明のアクリルの箱を取り付け、実験装置の計測器の数値を確認出来るようにしました。

 

POINT5

前面と後面の両開き仕様で、ユーティリティー性の向上を実現しています。

表側と裏側に扉をつけて、両方が開くようにしたら、お客様にすごく喜ばれました。


ページの先頭へ