制御盤 海外規格 「検査機器メーカー・N社様(UL508A 規格対応)」|制御盤の設計製造、海外規格なら制御盤.com

制御盤 海外規格 「検査機器メーカー・N社様(UL508A 規格対応)」の納入実績をご紹介。

制御盤.com by三笠製作所

制御盤 海外規格 「検査機器メーカー・N社様(UL508A 規格対応)」

クライアント(業界) 検査機器メーカー・N社様
発注内容 UL508A 規格対応

アメリカへ輸出する装置の制御盤には、基本的にUL508A(*1)への規格対応を行うことが推奨されます。三笠製作所はUL508AのLISTEDラベルを貼り付けることが可能であり、そのラベルがある製品は、現地監査での評価を免除されます。(UL508A以外の規格要求事項はその限りではありません)

UL508A認証制御盤は、UL認証の制御部品で構成しなければなりません。三笠製作所でも当然、この原則を満たした設計・製作を行っていますが、時に、これが高いハードルになることもあります。

 

*1 UL508A:アメリカ保険業者安全試験所(Underwriters Laboratories Inc.:UL)が定める製品安全規格ULのうち、産業用制御盤に対する規格

 

今回のお客様は、様々な検査機器を製造しているN社様。薬品用ピンホール検査機をアメリカへ輸出されるにあたり、制御盤のUL508A規格対応を三笠製作所にご相談いただきました。制御盤の設計コンサルティング、製造、UL認証ラベルを貼る最終段階までのトータル対応です。そのなかでネックとなったのが、制御盤のなかに組み込まれた独自開発基盤。これを残したままでは、前述の原則を満たせず、UL508A認証ラベルを貼ることができなかったのです。

 

こうした場合、まずは、独自開発基盤を流通品で代替できないか考えます。ところが完全に独自の機能を持っていたため、当てはまるパーツがありませんでした。次に取る選択肢は、独自開発基盤の評価をULに依頼し、UL認証パーツと同様の認定を得ることです。しかし、これには高額な予算と半年を超える期間を要し、N社様の条件と合いませんでした。

 

そこで三笠製作所が取ったのは、独自開発基盤だけを制御盤の外に出すという選択肢でした。制御盤のすぐ近くに、独自開発制御盤を収納する別のボックスを設けたのです。若干イレギュラーな対応ですが、このボックスのリスクアセスメントをしっかりと行えば、AHJ(*2)との交渉が可能になってきます。三笠製作所では、制御盤本体にはUL508Aのラベリングで適合性を証明し、別置きBOXについては、万が一ボックスから火が出ても安全だといえるレベルまでエビデンス収集を行い、N社様にもAHJ対応のアドバイスを実施。結果として、無事にAHJの査察をクリアすることができました。

 

*2 AHJ(Authorities Having Jurisdiction ):現地監査機関または規定執行官。設備稼働前に、現地にて据付検査を実施する

 

もし独自開発基盤を制御盤内に配置する場合、UL508A認証ラベルの貼付ができないため、AHJのチェック項目が制御盤全体に及び、問題のない箇所にまであらぬ指摘が入るリスクが生じます。若干イレギュラーな対応ながら、今回は制御盤の外に出すのが最善の方法だといえました。

 

このように現地でのリスクを多面的に理解していれば、そこに優先順位をつけられ、柔軟な提案が可能になります。今回の対応はN社様にも大変喜ばれ、その後も2回ほど類似のご依頼をいただくことになりました。


ページの先頭へ