制御盤 海外規格 「プレス機メーカー・T社様(NFPA79 / UL508A規格対応)」|制御盤の設計製造、海外規格なら制御盤.com

制御盤 海外規格 「プレス機メーカー・T社様(NFPA79 / UL508A規格対応)」の納入実績をご紹介。

制御盤.com by三笠製作所

制御盤 海外規格 「プレス機メーカー・T社様(NFPA79 / UL508A規格対応)」

クライアント(業界) プレス機メーカー・T社様
発注内容 NFPA79 / UL508A規格対応

今回のご案件は、エアを用いた小型プレス機制御盤のNFPA79(*1)及びUL508A(*2)規格対応。プレス機メーカー・T社様からご依頼をいただき、制御盤設計、製造、UL認証ラベルを貼る最終段階まで三笠製作所で担当させていただきました。

 

*1 NFPA79(National Fire Protection Association):全米防火協会が定める産業機械用電気安全規格

 

*2 UL508A:アメリカ保険業者安全試験所(Underwriters Laboratories Inc.:UL)が定める製品安全規格ULのうち、産業用制御盤に対する規格

 

T社様からのリクエストは、UL508Aに適合させることと、安全回路をしっかりと構築とすること。プレスであるため、安全カバーが外された状態装置に人が近づいた際、確実に安全停止できる設計が必要です。もちろん、既に安全対策は講じられていましたが、万が一火災などの事故が起きれば、桁違いの訴訟費用が発生するリスクが怖いのが米国です。その意味でも、厳しいリスクアセスメントの再実施は必須です。

 

今回の装置にUL508Aの設計を構築するにあたって壁となったのは、制御機器に「ULレコグニション認証製品」(*3)を含んでいたことでした。UL508A認証制御盤では、特定の条件を除き基本的に「ULリステッド製品」ですべてを構成します。ただし例外として、ULリステッド製品ではないものの、特定の使用条件下に限って使用が認可されている「ULレコグニション認証製品」というカテゴリが存在します。

今回の場合、日本製のロボットシリンダーのコントローラがこれに該当し、UL508A認証をするにあたり特定の条件を課せられるものでした。

 

*3 ULレコグニション:ULにおいて、主に最終製品に組込まれる部品や材料に適用される認証。特定の使用条件下でのみ使用可能である製品がある。UL Recognitionと表記される。

 

このような場合、まずはULレコグニション認証製品をULリステッド製品に置き換えられないかを考えます。ところがロボットシリンダーは装置の動きの肝となる部分で、他社のULリステッド製品に変更するとなれば装置の動きが再現できない可能性が生じます。

 

そこで三笠製作所では、そのULレコグニション認証製品を使用するにあたり、弊社のノウハウに基づく提案をし、何とかその製品を使用する方向性をまとめました。その案はT社様にもご納得をいただき、最低限の変更で、万全な安全回路を実装したUL508A認証制御盤を完成させることができました。

 

アメリカでは機械装置の稼働前に規定執行官(AHJ)(*4)の据付検査が必ず行われます。ULレコグニション製品を適切に使用していないことによって、指摘を受ける企業様も年々増えています。AHJに指摘を受けたことは適切なネゴシエーションができない限り必ず改善をする必要が出ます。

 

指摘を受け手から新たに設計・改造、場合によっては制御盤の再製作をするのでは、費用と時間が相当分発生し、ユーザーにも不便をかけてしまうでしょう。

NFPA79及びUL508Aに精通した三笠製作所なら、今回のように確かな規格対応サービスを提供できます。

 

*4 Authority Having Jurisdiction:米国では規定執行官が管轄するエリア(群・市・州レベル)で設備の設置方法、使用方法を決定する権限を規定執行官が有しています。火災・損害保険業の企業の担当者、消防署の担当者、場合によっては認証機関が担当をする場合もあれば、組織ではなくその役割を与えられた個人の場合もあります。

 


ページの先頭へ