●エルファイによる予知保全事例03|制御盤の設計製造、海外規格なら制御盤.com

●エルファイによる予知保全事例03の納入実績をご紹介。

制御盤.com by三笠製作所

●エルファイによる予知保全事例03

エルファイ3-1


 

予知保全導入前

・原料である鮮魚をホッパーへ投入し、粉砕機へ移送するためのバケットコンベアの予知保全導入例。
・バケットコンベア内部に原料がこぼれ、コンベア内部で詰まりが発生する事により、

 駆動チェーンとスプロケットの外れが発生。

・詰まった原材料の除去、チェーン復旧、テンション調整に半日を要し、その間加工ラインがストップ。


 

予知保全導入後

・エルファイでモーターの負荷を可視化する事により、原料の詰まりを察知。コンベアが故障する前に

 モーターを停止させるようにした。
・正常運転時(図1)のデータによると、バケットに原料が入っていない空運転時の電力量が約220w、

 原料搬送時のピーク値で約1150wであった。
・バケットコンベア内部に異物(原料)が詰まった状態(図2)では、約3320wの電力量が観測され、

 モーターへの過負荷が可視化されるようになった。
・過負荷領域へ突入する電力値にリミット設定しておくことで、コンベアを停止させることが出来、

 コンベアラインのダウンタイムが大幅に低減できた。


 

予知保全導入後のイメージ

エルファイ3-2

エルファイ3-3

 


ページの先頭へ